還元率の仕組みからわかる悪徳業者の仕組み

クレジットカードの現金化は便利な方法です。 

ですが、仕組みをちゃんと知っているかといえば、そこまでではないかもしれません。

特に還元率の話になると、よく分からないという人が多いでしょう。

 

還元率を考えるのであれば、購入した金額がいくらになって現金になるかということを知ることが必要です、

たとえば良くある話ですが、現金化するために10万円購入したとします。

90%の還元率が設定されているのであれば9万円、75%なら75千円になって戻ってくることになるのですから、そこまで難しくはないでしょう。

普通に考えれば、還元率は高いほうがいいものです。

ですが、そんなに高くできるわけがありません。

 

還元率は平均をとってみるとわかりますが、だいたい80%前半に収まります。

キャンペーン中といったことで90%を超えることもまれにありますが、取引き金額が大きい場合や複数回の取引があるなど限定が付くはずです。

無条件に行うものではありません。

ところが、中には97%の還元率を無条件で提示していることがあるのです。

そんなことができるのかどうか、考えてみることが必要でしょう。

 

クレジットカードを現金化する以上、カードを情報が使えるようにリーダーをレンタルしなければいけません。

いろいろな方法がありますが、どれにしても使用料を支払う必要があるのです。

この使用料が1%~5%かかるうえに、人件費や管理費も考えれば、95%の還元率だって不可能な値となってくるでしょう。

利益を無視して、そんなことをする意味はないのです。

お金が必要なのかもしれませんが、甘い言葉の裏には罠が待っていますので、決して乗らないようにしなければいけません。

参考サイト:http://www.change-style.biz/


タグ :